本の購入にインターネットを活用しています

私は主にショッピングにインターネットを活用しています。
服や靴、食料品等も買うことがありますが、最も有効だと思っているのは書籍を購入する場合です。
小説や漫画などを購入するときは、特にインターネットが便利です。
毎月、10~20冊程度の本を購入しますが、継続して買っている漫画などは、毎月初めにインターネットで出版社のホームページをみて発売日を確認し、インターネットの書店で予約をしてしまいます。

少し前までは5,0000円以上買わないと送料がかかっていたんですが、最近はインターネット書店なら漫画の1冊からでも無料で届けてくれるんですよね。
おまけに、今住んでいるところが地方なため、店舗に漫画の新刊が並ぶのは発売日の2日後になってしまうんですが、インターネット書店で予約していた場合は、発売日に届けてもらうことができます。

量が少ない場合はメール便などの受取サインが必要ない方法で送ってくれるので、仕事から帰ったらポストから回収すれば良いだけで、すぐに楽しむことができます。
数冊まとめて注文してしまうと宅急便での配達になってしまいますが、インターネット上の手続きで受け取りを最寄りのコンビニに変更することもできるため、帰りに受け取ることもできるんです。

また、実用書を購入するときも、まずはインターネットで情報を確認してから、というのが恒例になっています。
実用書は店舗にも種類が多くありますが、どれの内容が良いのかはぱっと見ただけではわかりません。
そこでインターネットの口コミを探し、良さそうなものをじっくりと読んで確認してから買うか、店舗にないようならそのままインターネットで取り寄せを頼んでしまいます。
このようなインターネット書店での本の購入では、支払いをクレジットカードで行えることも便利です。

カードの明細も今はインターネットで確認できますので、インターネット上のホームページで注文をし、カードで支払いを行い、インターネットで発送方法を変更してコンビニで商品を受け取る。そしてインターネットでカードの明細を確認。
この一連の流れがほとんどすべてインターネット上で済んでしまうんです。
書籍のようなものはインターネットでの購入が一番楽ですね。

インターネット料金はこちら

このページの先頭へ